Ski, Tips, trail

残雪のあまとみトレイルをスキーハイキング

2023年3月15日にBCクロカンであまとみトレイルをハイキングしました。

もともと二泊三日でスルーハイクを計画していましたが、3月の急激な雪解けのため予定を変更し、ワンデイハイキングにしました。

夏のあまとみトレイルを歩いた記録は以下のリンクからどうぞ。

事前の下見(2023年3月5日)

雪がつながっているか確認のため、車で下見しました。

例年より1mくらい積雪がありませんでした。

  • 長野駅~飯山フォレストビレッジ間:雪はほぼなく、スキーでは歩けそうにない
  • 戸隠古道(フォレストビレッジ~戸隠奥社):雪は少ないがスキーでなんとか歩けそう
  • 奥社~妙高ビジターセンター:積雪十分でスキーでつなげて歩けそう
  • ビジターセンター~野尻湖:雪は少ないがなんとか歩けそう
  • 野尻湖~荒瀬登山口:積雪なく歩けそうにない
  • 荒瀬登山口~斑尾山頂:積雪十分で歩けそう

以上の結果から、戸隠キャンプ場を出発し、あまとみトレイルのなかでも最も標高が高い大ダルミを超えて妙高の麓へ降りるコースを設定しました。

通行禁止の笹ヶ峰高原はスキップし、苗名の滝へは斜面の様子を見て行けるか判断することにしました。

戸隠キャンプ場~種池登山口

冬季閉鎖中の戸隠キャンプ場からスタート。

雪は少ないといえまだ3月、朝は放射冷却でよく冷え、カリカリの雪の上を歩きます。

有刺鉄線が全て取り外されているので、牧場の中をどこでも歩けるのは愉快。

途中沢が2本あり、水量が多いので迂回して渡りました。

だだっぴろい敷地をのんびりスキーで歩くととても爽快です。

戸隠キャンプ場は冬季閉鎖中だが、至るところにトレースがある

朝の牧場を優雅に歩く

雪がない箇所もあるが、少し迂回すればスキー履いたままで歩ける

沢を渡る橋が見当たらないので、適当に倒木を渡った

種池登山口~古池~大ダルミ

種池登山口から大ダルミまでは傾斜があるので、スキーの裏側にシールを張って登ります。

古池や種池近辺はスノーシューのトレースがあり安心。

古池を過ぎたあたりから本格的な登りになります。

黒姫に登るトレース、佐渡山から滑るトレースが入り乱れているので、注意しながら登っていきます。

古池は氷が張っているが、割れそうなので乗らない

伏流する沢を避けながら登っていく

標高を上げ、木々の様子が変わる

大ダルミに到着 奥には妙高山が覗く

大ダルミ~林道分岐~送電線下

大ダルミからはシールをはずして林道の分岐まで滑り降ります。

北向きの斜面のため雪がカチカチでスキーのエッジが立ちません。

沢に気をつけつつ、林道まであっという間に滑走。

林道を左に行くと夢見平遊歩道や笹ヶ峰高原に出ますが、乙見湖に降りる崖と、西野発電所に降りる崖が怖いので迂回。

西野発電所の吊り橋は床板が外されているので通行も禁止です。

妙高山が近づく 木々の隙間から頸城山塊が見える

あまとみトレイル本線に合流

夏場は地獄の坂 冬は最高の斜面

林道沿いはスノーモービルの跡がたくさん

送電線下~高沢発電所~杉野沢集落(ゴール)

送電線の下を半分ほど行くと、トレイルは左にそれて苗名の滝に繋がります。

しかし夏場歩いた様子から、かなり傾斜があり滑落の危険がありました。

そのまま送電線沿いで高沢発電所まで滑り降りることに。

送電線の下もボコボコして危険だったため、写真左の樹林帯のなかに入り林道へ。

今回のハイキングで最も危険な場所でした。

ちなみに高沢発電所からのびる給水パイプ上は雪が少なく滑れそうにありませんでした。

高沢発電所を通り、関川を渡る

杉ノ沢集落はスキーを担いで歩く 春はすぐそこ

集落からいもり池の田園地帯は除雪していないので、スキーで歩ける

旅の疲れを温泉で癒すのもいい

危険箇所

今回のルートの難所は送電線下~苗名の滝(高沢発電所)までの急勾配

全層雪崩の危険はなさそうですが、傾斜が急なため気を抜いたら下まで滑落しそうでした。

その他沢を渡る箇所がいくつかありますが、スノーブリッジや倒木を利用して慎重に渡れば特に危険はありません。

戸隠近辺の沢は車道を歩けば回避できます。

2021年3月7日の苗名の滝

装備

フルエッジのウロコ板+スキーシールで望みました。

ビンディングはNNNBCです。

大ダルミから林道経由での高沢発電所まではほぼ下りなので、行動時間が短縮できます。

スノーシューでも行けますが、かなり時間がかかりそう。

機動力のあるウロコ板+シールで正解でした。

2021年2月17日の野尻湖

BCクロカンでロングな旅を

平坦な道が多いあまとみトレイルは、BCクロカンで旅をするのにちょうどいいです。

夏と違い観光地も静かで、一味違う戸隠、黒姫、妙高を味わうことができます。

ぜひBCクロカンを使った長い旅をしてみてください。

病みつきになること間違いなしです。

来年はテントを背負って2泊3日でスルーハイクを狙っています。

雪が多いといいですね。

参考記事

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google
Spotify
Consent to display content from Spotify
Sound Cloud
Consent to display content from Sound